次の注目重賞レース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2007年度重賞的中馬券

1.8 シンザン記念(G3)
勝ち馬:アドマイヤオーラ
馬連 380円
------------------------------

2.4 共同通信杯(G3)
勝ち馬:フサイチホウオー
馬連 1220円
------------------------------

2.11 きさらぎ賞(G3)
勝ち馬:アサクサキングス
馬連 850円
------------------------------

2.17 京都記念(G2)
勝ち馬:アドマイヤムーン
3連複 870円
------------------------------

3.4 報知杯弥生賞(G2)
勝ち馬:アドマイヤオーラ
3連複 1720円
------------------------------

3.11 フィリーズレビュー(G2)
勝ち馬:アストンマーチャン
3連単 79930円
------------------------------

3.18 スプリングS(G2)
勝ち馬:フライングアップル
3連単 8250円
------------------------------

にほんブログ村 競馬ブログへ

QRコード

QRコード

お世話になっています♪

おすすめ競馬ブログ・競馬関連記事

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想・馬券術へ

プロフィール

ウマコ

Author:ウマコ
オグリキャップの引退レース(有馬記念)がきっかけで競馬に目覚めた小学生時代、、
サクラローレルが走る女子高生時代より予想開始。

スペシャルウィークの引退後あたりから、一時ブランクは空いたものの、

大学院入学と共に通学先がウインズ、オフトの近く、
大学に行く途中に競馬場という恵まれた環境と、

キングカメハメハ、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、アジュディミツオー、シーチャリオット、、、

らに触発されたことにより、予想再開。

2006年1月より予想ブログ開始。

現在に至る。

OLウマコの競馬予想
OLウマコが中央重賞中心に毎週本気で予想。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の菊花賞の楽しみ
秋華賞はダイワスカーレットが完勝。
素晴らしい勝ち方でしたね。当分は世代牝馬最強を譲りそうにありません。
ウオッカ、ベッラレイアの末脚もすごかったけれど、ダイワスカーレットの完璧な競馬にはかないませんでしたね。

それはそうと京都まで行き、ライヴで見ていましたが、
初めてウオッカを間近でみることができました。
雑誌や新聞に書かれているとおり、
牝馬とは思えないしっかりとした筋肉と薄い皮膚にウットリでした。
もちろん冬毛もなし。

さて、今週末は男の子のクラシック最終レース。
出走馬をみた感想は、やっぱり荒れそう。。

例年の傾向では、皐月賞日本ダービー好走馬が好走、ですが、
今年は皐月賞上位でダービー上位はヴィクトリーくらい。
そのヴィクトリーもトライアルで掛かり気味になるなど、3000Mを走るには不安があるお馬。

神戸新聞杯勝ち馬のドリームジャーニーもマイル~2000が適距離。
このお馬もパドックではいつもイレ込んでいるので3000Mは不安あり。

なので、今年は過去傾向を気にせず、以下の2点に注目してみようかしら。

●長距離向き
●古馬混合の中距離実績

ということで、特に気になるお馬はホクトスルタンとアルナスライン。

メジロマックイーン産駒でいかにも長距離を走りそうなのがホクトスルタン。
見た目もパパ譲り。
神戸新聞杯4着なら勝算ありかな。

アルナスの前走は3歳にしてG1常連のインティライミ、ポップロックに次ぐ3着。
骨折休養後のこの成長力は目を見張ります。

あとは負けなしで斤量負担の軽いロックドゥカンブ。
おそらく一番人気なんだろうけど、確かに、唯一これといった不安要素が見当たらず外せない感じ。

悩むのはフサイチホウオー。
血統的には中距離も長距離もこなせそうだけど、
ダービーは観衆にイレ込み、神戸新聞杯は太めのこりの印象。
骨格がしっかりしていて痩せにくい体質なのかも。
実力はあるお馬だと思うので、絞れていて、かつ過剰にイレ込むことがなければ。

予想が難しいだけに三連単の買い目をよく考えたいと思います。
スポンサーサイト
クラシックが近づいてきた。
今週末は皐月賞トライアル弥生賞と、
桜花賞トライアル、チューリップ賞ですね。

ウマコの楽しみはチューリップ賞のウォッカ。
名前もなんだか男っぽいですが、
馬体も男勝りなガッシリした体型。
見た目だけでなく、豪快な末脚も牡馬に引けをとらないほど。

桜花賞最有力が彼女とみて良いでしょう。


弥生賞の方はダノンオーガスタタスカータソルテがでてきますね。
福寿草特別を勝つまでは
特に注目していたお馬でもなかったのですが、あのレースの勝ち方はちょっと今後を期待させる走りでした。
フェブラリーステークスを前に
今年のフェブラリーステークスは去年のカネヒキリのように、
飛び抜けて強いお馬いないだけに荒れるかも。

ポイントは「芝スタート」「マイル以上の実績」。
特に芝が苦手な先行馬は外枠になるとつらい。
(スタートが苦手という点では内でも外でも関係ないかも)

その点、去年芝で出遅れて先行できなかったアジュディミツオーは内枠で今回は芝も克服したいところ。
ずっと連れ添ってきた内田さんなら、そのあたりももちろん考えているはず。

G1 2着9回のシーキングザダイヤは今回はユタカ。
自らが何度も2着にさせた馬に騎乗。
ということはこのお馬のダメなところもよく知っているはず。

このお馬はG1 2着9回 という実績のとおり、強い。
G1を1つや2つや3つ勝った事のあるお馬より、よっぽど能力は高いはずです。
2着だけど、なんといっても9回ですから。

しかし、直線で抜け出すと気を抜くのか、差される。。
JCDの時もそう。


そしてフェブラリーステークスといえばペリエ。
シーキングザダイヤに乗るのかと思ってたけど、
今年はメイショウバトラー
このお馬も屈腱炎から奇跡の復活をしてからというもの、
重賞を3勝。

7歳牝馬とはいえ、ペリエマジックもあって侮れない。。

ウマコが期待してるもう一頭はサンライズバッカス
カネヒキリに勝った武蔵野Sは同じコース。
コース適性はばっちり。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。